« 「反戦」ということ | トップページ | GN'Rではなく… »

2009/09/16

シュワちゃんといっしょ♪

映画の主題歌や挿入歌にHM/HR系の曲が使われることもよくあって、その曲のプロモーションビデオに映画のシーンが挿入されているものや、中には映画の主人公本人が登場してバンドのメンバーと絡んだりするものあったりします。

で、今日はそんなビデオクリップを2本紹介します。
実はこの2本には共通点があって、かなり面白いんです。
最初の一本はGuns N' Rosesの「You could be mine」。この曲は映画「ターミネーター2(91年)」の主題歌です。
そしてもう一本はAC/DCの「Big Gun」で、この曲は映画「ラスト アクション ヒーロー(93年)」の主題歌。
どちらの映画も主演はアーノルド・シュワルツェネッガーで、共にシュワルツェネッガーがライブ会場に潜入してくるところから始まります。(笑)

ここまでは非常によく似ているのですが、アクセルとアンガスの違いがこの後ビデオに現れます。
映画がシリアスとコメディという違いも勿論あるのでしょうが、やっぱりバンドのキャラの違いが多大にあるんでしょうね。ヲイ!

GN'Rの方は映画のカットの挿入が主でメンバーとシュワルツェネッガーの絡みは少なく、曲の終りにちょこっとあるだけなんですが、それもあくまでクールに格好よく…
最後のターミネーターとアクセル・ローズが、意味深な笑みを交わしあってお互い去ってゆく…ココなんて絶対アクセルの趣味丸出し!!


■Guns n' Roses - You Could Be Mine


お次のAC/DCですが、このビデオはある意味凄すぎます!!
AC/DCのアンガス・ヤングと言えばブレザーに半ズボン、ハイソックスにランドセル、そして学童帽という小学校の制服をモチーフにした出で立ちで、ギターを弾きながら中腰で片足を真っ直ぐに上げ下ろし突き進む独特のステップが有名で、なんと!それをあのシュワルツェネッガーが真似してやってるんですよぉ~。
それもステージでアンガスと一緒に♪半ズボンもはいちゃって!!
アンガスは背がとても低くて(160センチあるかないかだったと思います。)そのちっこいアンガスの横にいるジャック・スレーター役のシュワルツェネッガーがこれまたイイ味出してます♪
映画のシーンもいくつか挿入されていますが、半ズボンのシュワちゃんに目が行って映画は全然印象に残りません。(笑)

その昔カップヌードルのCMでヤカンを振り回していたシュワルツェネッガーですが、日本以外では絶対に流さないという条件でCMの契約をしたぐらいなので、カリフォルニア州知事となった今、世界中でこのビデオクリップが見られていることを彼がどう思っているか、ちょっと気になりますね。(笑)


■AC/DC - Big Gun


そして永遠のギター小僧アンガスは他にも、ステージに仰向けになりギターを弾きながらクルクル回転したり、客席からの「アンガス!チャッ、チャッ、チャッ(拍手)」のコールに答え客席に向かってお尻をペロンと出す「おケツ出し」という必殺技があるのですが、ハリウッドスターは流石にそこまで出来なかったようです。う~ん残念!!

|

« 「反戦」ということ | トップページ | GN'Rではなく… »

HM/HR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「反戦」ということ | トップページ | GN'Rではなく… »