« 残暑見舞いなど・・・ | トップページ | 時の流れが速すぎて・・・ »

2006/09/01

空礫(そらつぶて)

もの凄~く久しぶりに詩を書きました。

サイトにUPしたのも『遺人の塔』以来ですね。
更新履歴で確認したら『遺人の塔』をUPしたのはなんと1年3ヶ月も前でした。驚!

特に詩を書くことを止めていたわけではないのですが、思いを上手く言葉に乗せる
ことが出来なくて、またそれができるようになれば自然に書けるだろうと放って
おいたらこんなに間が空いてしまいました。(笑)

実はこの詩のイメージを掴んだのも昨年の夏だったんですよね。
朱雀の家から少し離れたところにもともと駐車場だったらしい空き地があって、随分と
長い間放置されているためかなり荒れているのですが、その空き地を囲っている
塀沿いに何故か白い百合の花がずら~っと咲いているのに気付いたんです。

その時はまだ上手く言葉に乗せることの出来ない思いがぼんやりと漂うだけで
結局詩にする事はできませんでしたが、昨日、また昨年と同じように百合の花が
咲いているのを見たんですね。
そうしたら燻っていた思いが、ちょこんと言葉に乗っかって急にぽろぽろ沸いて
来たんです。で、家に戻ってから一気に書いたのが『空礫(そらつぶて)』です。

いつものように内容はホントにたいした事ないのですが、ひっさしぶりに書いた割には
かなり「思い」と「言葉」をシンクロさせることが出来たんじゃないかと、自分に甘い
採点をしています。ヲイ・・・

では、いまいちどうでもいい詩の解説・・・(笑)

今ではすっかり忘れてしまった昔の夢がふとしたはずみで甦ってくる事ってありますよね。
それも夢と言ってもそんな大層なものではなくてほんの些細な望みというか、こうなれば
いいなぁというような願いなんですが・・・

そしてそれらはすべて上手く思い出に消化されているわけではないのですが、時間が
経つと共に日常にまぎれて、いつのまにか意識の奥底に沈み、感情が切り離された
ようになっているんですよね。

それが何かのはずみでポンっと浮かんでくると、懐かしさとともに、未消化の思いも
まるで瞬間解凍したように甦ってきて、切ないようなやりきれないような、そんな思いが
今の自分の中にそのまま残っていることに改めて気付かされたりするんです。

それは季節が移り変る境目を肌で感じた時のざわめきにも似ていて、ふと時を
止めたくなってしまったり・・・
けれども日常は当たり前のテンポで前に進んでゆくわけで、その狭間でただ戸惑って
いる自分の目に飛び込んできた百合の花がとてもとても眩しかったんです。

ぽつんと忘れ去れたようなその空き地はまるでそこだけ時が止まっているように
みえるのですが、毎年あたり前のように整然とその百合は咲くんですよね。
トタンの塀は時間の経過と共にどんどん痛み、いまではすっかりペンキも剥げて、
どれだけ長く放置されているかを物語っているのですが、今となっては誰が何の
ために種を撒いたのか、今でもその百合の花を楽しむ人がいるのかなんて、そんな
こともはおかまいなしに、夏が来ればその百合は本当に見事に咲くんです。

その眩しいほどの力強さにこつんと殴られたような気がして・・・

『空礫(そらつぶて)』と言うのは「目標なしに投げるつぶて。また、どこからともなく
飛んでくるつぶて。」と言う意味で、そのどちらの意味も含めてタイトルにしたのですが
結局は最後の『荒れた空き地に咲く百合の潔さが胸を突く』この一言が言いたかった
だけかもしれません。(笑)

|

« 残暑見舞いなど・・・ | トップページ | 時の流れが速すぎて・・・ »

詩の解説、補足」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/11719692

この記事へのトラックバック一覧です: 空礫(そらつぶて):

« 残暑見舞いなど・・・ | トップページ | 時の流れが速すぎて・・・ »