« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年9月

2006/09/02

時の流れが速すぎて・・・

ここ数ヶ月、ネットに接続する時間が極端に減っていて、接続したとしても
精々掲示板の書き込みチェックぐらいしかしていなかったので、久々に
ゆっくりとネットに接続してみたら、驚く事がいっぱいでした。

一番驚いたのが朱雀がお借りしているニフティのHPやブログのサービスが
妙に向上していたことです。(笑)
使用制限がHPは20Mから一気に100Mに、ブログも確か前は1Gだったと
思うのですがなんと2Gに増量されていました!
で、さらにブログにはアクセス解析やカウンターなどの機能も新しく追加されて
いました。

朱雀が最初にHPを開設した時は利用できる容量はたったの10Mしかなくて、
それを1年ですでに使いきってしまい、さてどうしたものかと悩んでいた時に
20Mに増量されたんですよね。

で、その20Mも使いきりそうになった時にブログのサービスが始まって、天の
助けとばかりに画像ファイルの保存をブログに移動して現在に至るわけですが
今度は100Mかよっ!!
そんなに一気に増量できるんだったら、もうちっと早くやって欲しかったぞぉ!(笑)
でも、ものすご~く助かりました。ニフティさん、ありがとう♪

それで折角あるので、ちょこっとブログのアクセス解析を覗いて再びオドロキ!
このブログは誰も見ていないだろうと思っていたのですが、意外にも沢山の方が
見て下さっていました。

ご覧頂いている方の殆どがウチのHPからのリンクで見て下さっているのですが、
その次に多いのが妙にマニアックな言葉の検索でこのブログがヒットしてしまった
というパターンでした。(笑)
朱雀の言葉フェチ振りがこんなところでご迷惑をお掛けしていたとは・・・
語句検索でうっかりこのブログを開いてしまった皆様、何のお役にも立てなくて
スミマセン!!(笑)

それにしても予想外に見て下さっている方が多かったので、これからはもっと
マメに書かなくては!と何度目か分らない決心をした朱雀です。ヲイ・・・

また朱雀は新しい詩をHPにUPしたあとで、よくその詩を詩の投稿サイトに
投稿していたのですが、1年以上も新しく詩を書いていなかったので詩の
投稿サイトにも随分ご無沙汰していたんですよね。

で、今回の『空礫』をまたいつものように投稿しようとしたのですが、お世話に
なっていたサイトの半分くらいがなんと閉鎖されいました!
これはかなりショックでした。
自分が詩を書いていなかった間ずっと顔を出さなかった朱雀が悪いのですが、
それぞれのサイトで感想のやり取りなどしていたお馴染みの皆さん達とも
これでまた縁遠くなってしまうのかと思うと本当にとても残念です。しょんぼり・・・

そういえば、別館のコラボなどで色々お世話になった皆さんのサイトにも
ご無沙汰しっぱなしで・・・あ~っ、なんか自己嫌悪・・・
また皆さんのサイトにお詫びの旅にでなくては・・・とほほ・・・

でもその前に途中で中断しているリクエスト企画と、今ではスッカリ闇に
葬られているコラボの『タロット』も完成させねば!!
よしっ!今月の目標は『全部やり遂げよぉ~!』これできまりっ!
ううっ、ちょっと息切れしそう・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

空礫(そらつぶて)

もの凄~く久しぶりに詩を書きました。

サイトにUPしたのも『遺人の塔』以来ですね。
更新履歴で確認したら『遺人の塔』をUPしたのはなんと1年3ヶ月も前でした。驚!

特に詩を書くことを止めていたわけではないのですが、思いを上手く言葉に乗せる
ことが出来なくて、またそれができるようになれば自然に書けるだろうと放って
おいたらこんなに間が空いてしまいました。(笑)

実はこの詩のイメージを掴んだのも昨年の夏だったんですよね。
朱雀の家から少し離れたところにもともと駐車場だったらしい空き地があって、随分と
長い間放置されているためかなり荒れているのですが、その空き地を囲っている
塀沿いに何故か白い百合の花がずら~っと咲いているのに気付いたんです。

その時はまだ上手く言葉に乗せることの出来ない思いがぼんやりと漂うだけで
結局詩にする事はできませんでしたが、昨日、また昨年と同じように百合の花が
咲いているのを見たんですね。
そうしたら燻っていた思いが、ちょこんと言葉に乗っかって急にぽろぽろ沸いて
来たんです。で、家に戻ってから一気に書いたのが『空礫(そらつぶて)』です。

いつものように内容はホントにたいした事ないのですが、ひっさしぶりに書いた割には
かなり「思い」と「言葉」をシンクロさせることが出来たんじゃないかと、自分に甘い
採点をしています。ヲイ・・・

では、いまいちどうでもいい詩の解説・・・(笑)

今ではすっかり忘れてしまった昔の夢がふとしたはずみで甦ってくる事ってありますよね。
それも夢と言ってもそんな大層なものではなくてほんの些細な望みというか、こうなれば
いいなぁというような願いなんですが・・・

そしてそれらはすべて上手く思い出に消化されているわけではないのですが、時間が
経つと共に日常にまぎれて、いつのまにか意識の奥底に沈み、感情が切り離された
ようになっているんですよね。

それが何かのはずみでポンっと浮かんでくると、懐かしさとともに、未消化の思いも
まるで瞬間解凍したように甦ってきて、切ないようなやりきれないような、そんな思いが
今の自分の中にそのまま残っていることに改めて気付かされたりするんです。

それは季節が移り変る境目を肌で感じた時のざわめきにも似ていて、ふと時を
止めたくなってしまったり・・・
けれども日常は当たり前のテンポで前に進んでゆくわけで、その狭間でただ戸惑って
いる自分の目に飛び込んできた百合の花がとてもとても眩しかったんです。

ぽつんと忘れ去れたようなその空き地はまるでそこだけ時が止まっているように
みえるのですが、毎年あたり前のように整然とその百合は咲くんですよね。
トタンの塀は時間の経過と共にどんどん痛み、いまではすっかりペンキも剥げて、
どれだけ長く放置されているかを物語っているのですが、今となっては誰が何の
ために種を撒いたのか、今でもその百合の花を楽しむ人がいるのかなんて、そんな
こともはおかまいなしに、夏が来ればその百合は本当に見事に咲くんです。

その眩しいほどの力強さにこつんと殴られたような気がして・・・

『空礫(そらつぶて)』と言うのは「目標なしに投げるつぶて。また、どこからともなく
飛んでくるつぶて。」と言う意味で、そのどちらの意味も含めてタイトルにしたのですが
結局は最後の『荒れた空き地に咲く百合の潔さが胸を突く』この一言が言いたかった
だけかもしれません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »