« 2004年12月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年1月

2005/01/23

2周年を迎えることが出来ました!

おかげさまで、このサイトも無事に2周年を迎えることが出来ました。
開設当初から一貫して、朱雀の勝手気侭な遊び場と化しているサイトですが
呆れずお付き合い下さっている皆様、本当にありがとうございます。

HP作りの知識など殆どない朱雀が、突然サイトを立ち上げたのは実は単なる
思い付きで、友人からどんな馬鹿でも簡単にHPが作れるソフトがあると聞き
興味半分でHPビルダーを買って、その翌日にオープンしたんですよね。(笑)
最初は昔書いた詩やイラストを何となくUPしていたのですが、こんなサイト
でも覗いて下さる方がいて、その方々と交流を持つうちにずっとやめていた
詩をまた書いたり、Pixiaというお絵描きソフトと出会ったり・・・
それからは思いつくまま楽しんでいるうちに、あっという間に2年も経って
しまったというのが実感です。

今ではこの『硝子の羅針盤』の他に別館の『Radipal』やちょっと秘密の
ブログまであるのですが、それらはどれも『朱雀』というHNで運営しています。
朱雀にとってこの『朱雀』と言うのは虚像ではなく、現実の『私』の一部分
と言う感覚なんですね。
逆に言えば、これらのサイトに関わっているのは現実の『私』の中の『朱雀』の
部分だけなので、敢えて一人称も私ではなく『朱雀』で通しています。

またサイト名の『硝子の羅針盤』というのは、硝子で出来た羅針盤なんて
実際には何の役にも立ちゃしない!と言う意味で付けたのですが、その
コンセプトはこれからも変らず貫き通したいと思います。(笑)
そんなわけで3年目も相変わらずの無節操&我侭な朱雀ですが、今後とも
お付き合いの程宜しくお願い致します。

それからささやかですが、皆様への感謝として2周年の記念壁紙を配布して
います。お気に召しましたら、どうぞお持ち帰り下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/16

素敵企画のご案内♪

別館のコラボにもご参加頂いて、いつも朱雀がお世話になっている俊さんち
『ちよつづり』で恒例の連詩が始まりました。

今回のテーマは『カラダ』と言う事で、詩または短歌でそれぞれの作品を
繋げて行くと言うものです。
詳しくは俊さんちでご覧下さいね。

『ちよつづり』
http://www43.tok2.com/home/tiyo/

いつも連詩や詩の投稿でお世話になっている俊さんですが、その俊さん
との出会いは、朱雀のソウルシスターゑ女さんちに俊さんのサイトへの
リンクがあって、それを辿っていったのが切っ掛けです。
滅多によそ様のサイトに自分から伺うことのない朱雀が、動物的勘で
何か感じるものがありイソイソと出かけていったのですが、俊さんの
詩は勿論、そこに投稿されている方の詩もとても素敵ですっかり入り
浸ってしまいました。(笑)

朱雀は自分の詩を投稿サイトに良く投稿するのですが、俊さんちには
自分がとっても満足している詩というか、納得できた作品だけを置かせて
貰おうと決めていて、知り合って1年半ぐらい経つと思うのですが、
その間に投稿できた詩は2作。これって凄く少なくないですか~?(笑)
で、俊さんのサイトには詩だけではなく短歌や俳句の楽しい企画もあって
朱雀が短歌を始めたのは俊さんちで短歌や俳句の楽しさに触れたから
なんです。

今回の別館のコラボ企画には俊さんにもご参加頂いているのですが、
やはり俊さんちで一緒に企画に参加しておられる裕樹さんにも参加して
頂くことになっています。
ゑ女さんは残念ながら今回はお休みですが、俊さんとゑ女さん繋がりで
ウチにも遊びに来て下さるようになり、手習草子にも参加して頂いている
たっちゃんも秋のコラボに引き続き参加して下さいます。

こんな風に人との繋がりが広がって、その方たちと一緒作品作りが出来る
なんて凄く不思議で、とても幸せなことだと思っています。

今回のコラボの作品が少しづつ出来上がってゆくのを拝見しながら、
今更ながらその幸せを感じている朱雀です。

皆さん本当にありがとう・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤髪のシャンクス・耽美退廃バージョン♪

akagami

久々にワンピ画を描きました。で、ワンピといえばお頭!
シャンクスを描くのは今年初めてなので、耽美退廃系にしてみました。(笑)

というわけで、詩もちょっと退廃的なものを・・・

『胡蝶の夢より』

栩栩然(ひらひら)舞いて胡蝶なり
夢か現(うつつ)か定めがつかず
泡沫(うたかた)の淵に腰おろし
傾げた首に掛けた手は
確かに指は付いてはいるが
人形(ひとがた)をした
蝋細工に見えやしないか?

遽遽然(きょきょぜん)とした有様は
我がことながら滑稽で
肩を震わせ捧腹すれど
脳裡の隅で途方に暮れる―――

分(けじ)めが有ろうが無かろうが
この世はすべて邯鄲(かんたん)の夢
現(うつつ)もいつかは霞んで消える
耳打ちするのは邪(よこしま)な蝶

それなら共に

栩栩然(ひらひら)舞いて戯れて
物化(ぶっか)を享楽するも 
また一興

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

久々に・・・

以前描いたイラストを弄っていたら何となくこんなモノができました。
で、これに合う詩を探したのですが、可愛らしい詩や恋愛詩と言うのは
朱雀には書けないので見当たりませんでした。(笑)
イラストには全然あっていませんが、比較的分りやすい詩をひとつ。(笑)

cut07

『メニスカス』

破色の風吹く街並みを
可塑(かそ)の瞳が 上滑り

ただ この時を遣り過すには
いくつの遁辞(とんじ)が必要なのか・・・

事もなげに 貴(あて)やかに笑い
あなたはひと言『行こう』と告げる

何処へ?
― 何処へでも・・・
どうして?
― どうしても・・・
行きたくない
― 行きたくなくても・・・
なぜ?
― 何故でも・・・
何のため?
― ・・・・・

ほら 答えられないくせに
そしてそれは わたしも同じ・・・

私たち水銀に似ているね


【メニスカス】細い管内の液体表面がつくる半球状の表面。
水はガラス表面をぬらし、周囲が高く中央がくぼんだ曲面になるが、水銀の場合は
逆に中央が盛り上がった曲面になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/05

『冬のコラボカーニバル』が開幕しました!

昨年末より企画準備しておりました別館のコラボ企画が始まりました!
今回は『冬のコラボカーニバル』と銘打って、タロットカードをテーマに
したイラストと詩のコラボです。

タロットカードの22枚の寓意札をそれぞれ1枚ずつ選んで、絵描きさんと
詩人さんで一つのコラボ作品を作って頂くのですが、なんと今回は総勢
43名の大コラボとなります♪

前回のコラボ『秋の大コラボ祭り』にご参加頂いた皆様に加え、新たに
素敵絵師様、素敵詩人様に加わって頂いております。
前回は常々朱雀が心安くして頂いている方々に、おねだり攻撃で参加
して頂いたのですが、今回は更に図に乗って日頃朱雀が恋焦がれている
作家さんたちをいきなりお誘いするという無謀な勧誘で、本当に参加
して下さるのかとても心配だったのですが、素晴らしい作品を創作
される方は心の広い方が多くて、皆さん快く引き受けて下さいました。

これから続々と素晴らしい作品が登場すると思いますので、皆様も是非
そちらをご覧下さいね。
また朱雀は今回もイラストと詩で参加しています。
ただ、今も何かとバタバタしていて創作はもう少し後になりそうです。
また暫くこちらの更新が滞ると思いますが、お許し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

いつもこのサイトをご覧頂いている皆様へ感謝の気持ちを込めて今年も
年賀絵の配布をします。
サイトのトップページとイベントのページに入口がありますので、
お気に召しましたらお持ち帰り下さい。

年末は何かと忙しくて、元日に間に合わないかも・・・と思ったのですが、
何とか間に合いました。と言うか間に合わせました。(笑)
ちょっとペボいですが、気持ちだけは沢山込めて描きましたので
お許し下さい。

今年もきっと勝手気侭にイラストや詩の創作をしてゆくと思いますので
もし宜しければ時折、お付き合い下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年4月 »