« 今日は青空♪ | トップページ | 金魚の気分・・・ »

2004/11/17

冬の気配が・・・

今日も凄く天気が良くてポカポカ陽気だったのですが、ふと冬の気配を感じて
しまいました。(笑)
というわけで冬の詩とイラストを・・・

この詩は多分15歳くらいの時に書いたもので、自分でいうのもなんですが、
なんか初々しいですね。(笑)

yuki.jpg

『ノスタルジア』

冬の瞳は灰色の
悲しい 悲しい ノスタルジア 
しんしん 冷たい音だけが 
耳の間を駆け抜ける

無意識の内に夢の中
其処でも私は卑屈者
心は涙で溢れんばかり
それでも笑顔を創り上げ
まるで絡んだ糸のよう
にっちもさっちも ゆきません

眠るのは嫌 笑うのは嫌
独りになるのは もっと嫌

心優しい人までが
そ知らぬ顔で 通り抜け
奇妙な笑顔が残ります

冬の瞳は灰色の
悲しい 悲しい ノスタルジア
しんしん 冷たい音だけが
耳の間を 駆け抜ける

|

« 今日は青空♪ | トップページ | 金魚の気分・・・ »

詩&イラスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/1988202

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の気配が・・・:

« 今日は青空♪ | トップページ | 金魚の気分・・・ »