« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/30

短歌の解説など・・・(笑)

手習草子に蛍の短歌を新しく一つ置いたのですが、珍しくここでその
解説など・・・(笑)

『思い蛍』

 白南風(しらはえ)の 空に鳴り満つ 天籟(てんらい)に

 枯朽(こきゅう)の草も 蛍を夢む


まずは語句解説・・・
【白南風】梅雨明けの頃、夏の到来を告げる風で雨雲のかわりに白い
巻雲を呼ぶ風のこと。また黒南風(くろはえ)と言うのもあり、こちらは
梅雨入りの頃のどんよりとした南風のことを指す。
そして晴れるのが白南風、曇ったり雨が降ったりするのが黒南風。

【天籟】天然に発する音。風が物にあたって鳴る音。

【枯朽】枯れくちること。枯れて腐ること。

陰暦で季候の変化を示したものに七十二候と言うのがあります。
これは五日を一候、三候を一気、六候を一ケ月とし、二十四気すなわち
一年間を七二分して季候の変化を示したものです。
それに照らし合わせると、今年の場合、6月は6/1~6/15迄が『芒種』、
6/16~7/1迄が『夏至』という節気になり、更にそれぞれ初候、次候、
末候と3つに分かれるのですが、『芒種』の次候は『腐草為螢(くされ
たるくさほたるとなる)と言います。
これは古代中国の経書で、月々の風物や年間に行なわれる政事、儀式
などを月の順に記録した『礼記-月令』の中にある言葉から取ったもので、
この時期、草がむれて腐り、それが蛍と化して夕闇を知り光を発し始める
というものです。

と言うわけで、枯れて腐った草が青空の下、風に乗って響き渡る天然の
音を聞きながら、自分もいつか蛍になることを夢見ているという歌で
ございました。(笑)
解説が長いわりに深い意味はありません!!脱兎・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/27

暑中見舞いカードの配布を開始しました!

まだ梅雨も明けていませんが、暑中見舞いカードの配布をはじめました。

このところ珍しくお絵描きモードだったので、またイラストを描いていた
のですが最近、和風のイラストばかり描いていたので、久々に洋風の
モノを描きたくなって描きました。
で、いつもの事ながらつい余計なところにムキになってしまい、一枚の
イラストにず~っと掛かりっきりでした。(笑)
やっと出来上がったのですが、結構疲れてしまったので、怠け者の
朱雀はこれで暫くイラストは描かなくなるだろうと予測して、ついでに
そのイラストで暑中見舞いカードを作りました。ヲイ!

最初から暑中見舞い用に描いたイラストではないので、涼しさや爽やかさ
とは無縁の、暑っ苦しいイラストですが、お気に召しましたらどうぞ
貰ってやって下さい。

いつものようにTOPページとEVENTページに入口を作ってありますので
お時間ありましたら、そちらもちょこっと覗いて見て下さいね。
今回は7月末ぐらいまで配布予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/24

四万打記念壁紙の配布を終了します。

四万打感謝記念のディスクトップ用壁紙の配布を、今日で終了します。
あんなに重くて迷惑な壁紙を貰ってくださった皆様、本当にありがとう
ございました。

次回は5万という区切りの良い数字ですので、ちゃんとしたお礼企画を
しようと思うのですが、何をすれば皆様に喜んで頂けるのか・・・
で、こんな企画をして欲しい!と言うのがありましたら、ご意見を
お聞かせ下さい!!!
はっきり言ってネタ切れで、非常に困っています。(笑)
あっ!でも『先着5名様に希望の品をプレゼント』は却下です。
2万打の時に何も考えずに始めてしまい、後でもの凄く困ったので・・(爆)
なんか楽~で、皆さんに喜んで頂ける企画ってないでしょうか?ヲイ!

突然話は変わりますが、今日の発見!
朱雀がたまに買い物に行くデパートの近くにコンビニが出来ました。
そのコンビニには、高画質で送信できるFAXサービスが!!
朱雀はスキャナを持っていないので、アナログ画や写真などをパソコンに
取り込みたくてもこれまで出来なかったのですが、そのFAXからウチの
パソコンに写真やイラストを送信すれば取り込めるのでは!
今度実験してみようっと♪ワクワク・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/16

恐るべし!『あみ戸に虫こない』・・・(笑)

朱雀は田舎に住んでいます。
手の平ぐらいの大きさの蜘蛛が壁を這っていたり、庭先に蛇がとぐろを
巻いているなんて日常茶飯事です。
ですから虫も各種顔を出し、夜ともなると網戸の目を掻い潜って部屋の
中にも大量に進入してきます。(爆)

朱雀の部屋の窓にはヤモリが2匹くっ付いているのですが、こいつらが
ケンカばかりしていてなかなか虫取りに精を出しません。怒!
毎日毎日べープマットや蚊取り線香をつけるのが面倒なので、網戸に
スプレーするだけで、1.5ヶ月も虫が寄り付かなくなるという謳い文句
に誘われて『あみ戸に虫こない』を買ってみました。(笑)

結果・・・確かに虫の侵入は減りました。そして、ヤモリ達もどこかに
消えてしまいました!
彼らの領域には、かからない様に撒いたつもりなんですがスプレーした
日からピタリと2匹とも姿を見せなくなってしまいました。
朱雀の部屋の窓にくっ付いていないときは、台所の窓に大抵いるのですが
どうやら其処にもいないようで・・・
ヤモリも寄せ付けないような強力な効果があるのか、虫が減った事で
よそに移動してしまったのか、はたまた自分たちの働きが悪いことに
良心の呵責を感じて家出したのか・・・(笑)
とにかく『あみ戸に虫こない』の効果は絶大でした。
恐るべし!『あみ戸に虫こない』!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/10

NOVELのページを・・・

ウチのHPにはNOVELというカテゴリーがあるのですが、ず~っと小説を
UPしていません。
もともとこのサイト自体、昔書いた詩や小説をUPして、始めたばかりの
CGイラストをたまに掲載出来ればいいなぁと思って作ったのですが、
いつの間にか、また詩を書くようになったり短歌をはじめたり・・・
本人も思いも寄らない形になってしまっています。(笑)

で、肝心の小説はどうもこのサイトにある他のものと随分趣向が違うので
NOVELのページを設けたものの、現在に至るまでずっと掲載を躊躇して
いました。
ただいつまでも工事中というのもなんなので取り合えず、やはり昔書いた
絵本をUPしたり、絵草紙という落書きを強引に置いていたのですが
もうこのHPには小説を掲載することはまずないと思うので、今回NOVEL
のタイトルをSCRIBBLE(落書き)に変えました。

そしてSCRIBBLEにある絵草紙に『~籠~』という新しいシリーズを作り
ました。
これはイラストと都都逸で綴る遊女の恋模様になっています。
もう一つの『ココロのスケッチ』は恋する女の子の心の呟きを書いた
もので簡単に言えば、バカップルシリーズです。(笑)

都都逸は朱雀が近頃興味をもっていて、どう言う決り事があるのかなど
まだまだ勉強不足で何も分らないのですが、取り合えず始めてみることに
しました。(笑)

都都逸をご存じない方のために少し補足を・・・
都都逸は俗曲の一つで、雅言を用いずに、主に男女相愛の情を口語で
作ったものです。普通、七・七・七・五の四句二六音から成り、古典
都都逸の多くは、三味線のメロディにのせて唄う流行歌でもあったようです。
『ザンギリ頭を叩いてみれば、文明開化の音がする』と言う有名な句も
字余りですが、都都逸です。
また朱雀の詩『滑歌』で引用した『三千世界のカラスを殺し、主と朝寝が
してみたい』と言う句も高杉晋作が作った都都逸です。

まず1作目は季節の花、紫陽花をテーマに作ってみました。
朱雀のへぼい句だけでは心許ないので、ごさどんさんの句も一緒にUP
しています。実はウチの四万打のお祝いに無理矢理作って頂きました。(笑)
今後はのんびりまったり更新してゆく予定ですので、お時間ありましたら
一度覗いてやって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/06

今日はスティーヴ・ヴァイの誕生日♪

久し振りに今日は何の日バージョンの日記を書こうとネタを探していたら
今日生まれの有名人にスティーヴ・ヴァイの名前を発見!

メタルファンなら良くご存知のスティーヴ・ヴァイは1960年6月6日という
ダミアンのような誕生日の怪しげなギタリストです。(笑)

81年にフランクザッパに参加、85年にはイングヴェイ・マルムスティーン
の抜けたALCATRAZZに加入、その後はデヴィッド・リー・ロス、
WHITESNAKE、自身のバンドVAIなどでギター小僧を夢中のさせた
ギターヒーローなのですが、彼にはもう一つ『変態ギタリスト』という
称号が・・・(笑)
テクニカルな変態フレーズが持ち味のギタリストとよく言われるのですが
エフェクターを駆使してギターでお話したり、ハードロックにトレッド
ヘアなど、普通のメタル野郎とはひと味違ところもその由縁かも。
顔も何気にセサミストリートのバートに似ていて・・・(爆)

何故彼を取り上げたかと言いますと、勿論大好きだからなのですが
この人のギターをちょっと紹介したかったからなんですね。(写真↓)

初めて見た時は、どうやって弾くんじゃい!と思わず突っ込みを入れた
ハート型のトリプルネックのギターです。(笑)
朱雀はデヴィッド・リー・ロスの来日公演でこのギターを見たことが
ありますが、笑えるぐらい凄かったです。
ライトに照らされたショッキングピンクのギターを弾きまくる長身の
スティーヴを見ていると、メタルのライブと言うよりラスベガスの
ショーのようでした。デヴィッド・リー・ロスだったので尚更・・・(笑)
このギターは確かレプリカが発売されたと思うのですが、これを買って
弾きこなせた人がいたのかどうか謎です。

朱雀はデヴィッド・リー・ロス、スティーヴ・ヴァイ、ビリー・シーンと
いう黄金のラインアップのデヴィッド・リー・ロス・バンドを生で見る
ことが出来なかったのが未だに悔やまれてなりません。
来日前にビリーは脱退していたんですよね~。

そして数年前から年に一度開催されているスーパー・ギタリストを3名
集めたツアーG3に昨年スティーヴも参加していたのですが、その時
なんと!ビリー師匠もベースで参加!
その他のG3の面子はジョー・サトリアーニとイングウェイ・マルムス
ティーン!見たかった~。涙

思わず熱く語ってしまいましたが、そんな訳でスティーヴ!44回目の
誕生日おめでとう!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/04

4万打記念感謝プレゼント企画を開始しました!

皆様のお陰でサイトのアクセス件数が40000を超えました。
本当にありがとうございます。
相変わらず朱雀の独りよがりな遊び場と化していますが、こうして
沢山の方にお越し頂けるようになるなんて、サイトを開設した当初は
夢にも思っていませんでした。

むやみにコンテンツだけは増えて、どれも気分次第で更新したり、逆に
サッパリ更新しなかったりと我侭全開なのですが、これからも呆れずに
お付き合い頂ければと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
開き直り!(爆)

さて前回の30000HITの際はお礼企画をすっ飛ばしてしまいましたが、
今回は40000HIT記念感謝プレゼントとしてディスクトップ用の壁紙を
ご用意させて頂きました!!と言っても、先日描いたイラストの使い回し
です。汗・・・
いつものようにTopページとEventのページに企画への入口を作りましたので
興味がある方はちょこっと覗いてやって下さい。

次回はキリのいい50000と言う数字になりますので、その時こそマトモな
企画を考えます。ですから今回はショボイですがこれでお許し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »