« 山女の話 | トップページ | 金田一春彦先生のご冥福をお祈りします。 »

2004/05/14

接近する彗星の話・・・

早いところではそろそろ入梅という声も聞きますがこの時期、地球に
接近する彗星・ニート彗星とリニア彗星の話題をあちらこちらで見かけ
ます。

なんでも2つの彗星が同時に見れるのは約400年ぶりだそうで、2大彗星
ショーなどと言われていますが、日本ではニート彗星が見やすいらしく
日没後の西の空に肉眼でも見えるそうです。
双眼鏡などを使えば空の暗い場所で、たなびく尾が見られるかもしれ
ないんですって。
朱雀は驚異の方向音痴なので、星座も満足に覚えられないお馬鹿なの
ですが星を見るのは大好きで、よくぼんやりと空を眺めています。
このニート彗星の観察のチャンスは5月中旬までと言うことなので、
何度かチャレンジしたのですが、なかなか上手く見ることが出来ません。
そしてこのところ夜は曇っていることが多くて、月ですら見ることが
出来ません。とほほ・・・

ニート彗星は2001年に、リニア彗星は2002年に発見された彗星で、
発見された時の太陽からの距離がニート彗星は約15億キロメートル、
リニア彗星は約10億キロメートルもあったそうです。
これは新彗星が発見された距離としては最遠記録なんだそうですが、
どのくらい遠いのか見当もつきません・・・(笑)

明日はまた雨が降るみたいで、朱雀の住んでいる所からではニート
彗星を見ることが出来そうにありませんが、新聞などでとても綺麗な
写真を見たので、実際に肉眼でどの程度見えるのか興味があります。
どなたかもしこの彗星を肉眼で見られたら、ちょこっとその様子を
教えて下さいね。

|

« 山女の話 | トップページ | 金田一春彦先生のご冥福をお祈りします。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9812768

この記事へのトラックバック一覧です: 接近する彗星の話・・・:

« 山女の話 | トップページ | 金田一春彦先生のご冥福をお祈りします。 »