« 接近する彗星の話・・・ | トップページ | 『翼祭り』に参加しました。遅・・・ »

2004/05/19

金田一春彦先生のご冥福をお祈りします。

国語学者で日本語のアクセント研究の第一人者として知られる金田一
春彦先生が、今日お亡くなりになられました。

金田一春彦先生は国語辞典の編纂や方言研究の他、エッセーや童謡・
歌唱研究など幅広い活動をされていました。
横溝正史の小説で有名な探偵の金田一耕介は春彦先生の父上であり、
アイヌ語研究で知られる国語学者の金田一京助先生から取ったと言う
のは有名な話です。

昨年、朱雀の書いた詩『百子同室』をある投稿サイトに投稿した時に
薩摩琵琶を嗜んでおられると言う方から『時間が出来たら琵琶歌にでも
したいですね』と言うような感想を頂き、耳慣れない薩摩琵琶という
言葉が気になってちょっと調べたことがありました。
その時の事は昨年の日記(6月26日)に書いたのですが、琵琶について
調べている途中で、金田一春彦先生のお名前と遭遇しました。

琵琶にもいくつか種類があるのですが『平家物語』で有名な平家琵琶は
平家物語の詩章に節をつけて、琵琶の伴奏で歌うもので平曲とも呼ば
れています。
平曲は全部で200曲近くあるそうですが、現在その伝統的な平曲の
継承者は金田一春彦先生おひとりだけだということでした。

金田一先生がお亡くなりなった事で、また一つ日本の大切な伝統文化の
火が消えるのではないかと、今日のニュースを見ながら何だか切なく
なってしまいました。
テレビのバラエティー番組などにも気さくに出演しておられた金田一
先生は常に穏やかで、ニコニコと笑っておられたのが印象的でした。
享年91歳とお聞きして、そんなに年を取っておられたのだと少し驚き
ました。
我が家にも金田一先生が編纂された辞書が何冊かありますが、
朱雀をはじめ多くの日本人がお世話になったはずです。
そして言葉フェチの朱雀には神様のような人でした。

改めて先生のご冥福をお祈りいたします。

|

« 接近する彗星の話・・・ | トップページ | 『翼祭り』に参加しました。遅・・・ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9812775

この記事へのトラックバック一覧です: 金田一春彦先生のご冥福をお祈りします。:

« 接近する彗星の話・・・ | トップページ | 『翼祭り』に参加しました。遅・・・ »