« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004/03/31

『夕霧ふみ』の話

今日、京都にお花見に行ったご近所さんから『八ツ橋』をお土産に頂き
ました。
つぶ餡をニッキの香りの薄皮に挟んだあの和菓子ですね。
で、その八ツ橋の名前が歌舞伎銘菓「夕霧」といい、中に『夕霧ふみ』
なるものが入っていました。

『夕霧ふみ』というのは、歌舞伎『廓文章』で有名な遊女・夕霧太夫が
書いた『待つ春のふみ』という手紙のことで、夕霧は扇屋四郎兵衛の
抱え遊女で実在の人物です。
当時の吉原には遊女が4000人ほどいましたが、その中で美しさは勿論
芸事の他に武家や公家などの相手を務めるだけの教養を兼ね備えた
最上級の遊女は僅か20名ほどしかいませんでした。
その最上級の遊女の事を太夫と呼び、中でも夕霧太夫は「才・色・品・情」
をあわせ持った太夫と言われています。
この夕霧太夫が書いた『待つ春のふみ』は、太夫の才能と人柄が表れて
いる美しい文章で綴られ、これを着物の袖に縫い込むと、生涯着物に
不自由しないと伝えられているのだそうです。
お菓子のオマケ?にしては、なかなか粋な演出ですね。

また歌舞伎の『廓文章』は近松門左衛門の人形浄瑠璃『夕霧阿波鳴渡』が
原作で、上方和事の典型と言われています。

大晦日に大坂新町の廓にある吉田屋に、豪商藤屋の若旦那・伊左衛門が
なんともみすぼらしい身なりでやってきます。
遊女夕霧に惚れ込み通い詰め、遊蕩ゆえに勘当された伊左衛門は遊ぶ金
などないのですが、夕霧が病気と聞いて来てしまったのだと言います。
そんな伊左衛門を吉田屋は快く座敷に上げてくれますが、阿波のお大尽
のお座敷に呼ばれ、なかなか自分のもとに来てくれない夕霧に嫉妬した
伊左衛門は、ようやくあらわれた夕霧にも拗ねて、痴話喧嘩になって
しまいます。
そこへ伊左衛門の勘当が解けたという知らせとともに、夕霧を身請け
するための千両箱が運びこまれ、ハッピーエンドで終るお話です。

実際には、近松門左衛門がその美しさに惚れ込んだという夕霧太夫は
扇屋が京都島原廓から大阪新町廓に移ったのを機に、名妓夕霧として
大阪髄一の人気を誇ったと言われていますが、病のため僅か26歳で
その生涯を閉じています。 
歌舞伎のお話のように身請けはされず、遊女のままで亡くなったよう
です。美人薄命・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/29

『日ペンの美子ちゃん』の話・・・

今日の新聞を見ていたら、面白い本の広告をみつけました。
『あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度』というタイトルの
本なのですが、漫画好きの女の子なら誰もがみんな知っている『日ペン
の美子ちゃん』を分析したマンガ研究本なんだそうです。(笑)

今はどうなのかよく分りませんが、以前は少女漫画の裏表紙は必ず
漫画仕立てになった通信教育の『ボールペン習字講座』の広告でした。
その広告のキャラクターが美子ちゃんなんですよね。

ちょっと興味があったのでネット検索してみたら、なんと美子ちゃんの
公式HPがありました。(笑)
美子ちゃんは現在4代目だそうで、それぞれプロの漫画家の方が描か
れているようですが、その漫画家の他の作品は読んだ記憶がないので、
皆さん美子ちゃん専門の漫画家さんなんでしょうか?
HPではそれぞれの美子ちゃんがちょこっとみられます。
朱雀はやっぱり初代美子ちゃんが一番馴染みがありますねぇ。(笑)
初代や2代目の美子ちゃんの漫画は、ボールペン習字を習ってアイドルに
ファンレターを書くと返事が返って来ると言う様な内容が多くて、時代を
感じてしまいます。(笑)
今はメールが主流で、手紙にしても書くというよりパソコンで打つ人が
多いですよね。
あの頃はパソコンどころか、ワープロもない時代でしたよね。
でも、時代は変わっても美しい字を書くことに対する憧れと言うのは
変わらないようで、この通信教育のボールペン習字講座も、いまだに
根強い人気があるようです。

マンガ研究本はサザエさんやドラえもんなどこれまでにも結構、流行り
ましたが、日ペンの美子ちゃんというのが、とっても良いところに目を
つけたなぁ・・・と感心しています。
買う買わないは別にして、本屋さんで見かけたら絶対手に取ってしまい
ますよね。(笑)
内容の方もかなり興味があります。わくわく・・・

そして公式HPで久し振りに見た現在の美子ちゃんは、ルーズソックスを
履いて今時の制服を着ていました。
いかにも少女漫画チックなヒラヒラの衣装を着た美子ちゃんのイメージが
あるので、なんだか違和感が・・・
いっそのこと、最近のアイドルチックなファションにして欲しかった
ですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/27

ONEPIECE専用お絵描き掲示板が出来ました!

作っちゃいました!ワンピ専用絵板(赤髪推奨)。へへへ・・・
これで今まで、日記に突然UPしていたワンピ絵を置く場所が出来ました。

ちょっと変わった『おえび』なんですが、またワンピがお好きな方は
お絵描きして下さいね。
朱雀はどうしてもお頭メインになってしまうのですが、ワンピキャラは
どれも個性があって好きですので、色んな絵で埋まってゆくといいなぁ・・・
と思っています。

お絵描きなんてできない~。でも、ワンピ好き!と仰る方は、通常の
カキコもできますので、ご利用下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/21

皆様のおかげで、30000HITを越えました。

ぼんやりしている間に、アクセス件数がいつの間にか30000HITを越えて
いました。
これもサイトに通って下さる皆様のおかげです。
皆様、本当にありがとうございました。
少しでもお越し頂いた皆様に楽しんで頂けるようなサイトと、作品作り
を目指して精進してゆきますので、これからもどうぞ宜しくお願い致し
ます。

で、御礼企画なんですが今回は(も)、何にも考えていませんでした!
申し訳ありません!
昨年末から企画続きだったので、ちょっとネタ切れカモ・・・ゼイゼイ
そんな訳で今回は企画はなしと言う事で、皆様へのお礼の言葉のみと
なりますが、どうかお許し下さい。

また皆様の方から、こんな企画をして欲しいと言うご要望がありましたら
ご希望をお寄せ下さい。
次回の感謝企画の際に参考にさせて頂きたいと思います。

そして感謝企画ではないのですが、実は今ちょこっと考えている事が
あります。
お友達サイトなどでお絵描きBBSをよく見かけるのですが、直接絵版に
描き込む以外に、画像をアップロードできるモノもありますよね。
それを利用して、前々から悩んでは結局そのまま手付かずになっている
ワンピースの別館を取りやめて、ワンピース専用の絵板なんか作ったら
どうだろう?と思ったりしています。

絵板なら朱雀以外にも、皆さんにも描いて頂けますしね。
ワンピファンとの交流も出来ますし・・・
また皆さんのご意見を聞かせて頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/20

ランディ ローズのこと

今から22年前の昨日3月19日、アメリカで小型飛行機の墜落事故が
ありました。
その飛行機にはランディ・ローズという朱雀の愛するギターリストが
乗っていました。
全米ツアーの途中で、飛行機をチャーターして遊覧飛行を楽しんで
いたランディは25才の若さで神に召されてゆきました・・・

ランディはクワイエット・ライオットを経て、オジー・オズボーン・
バンドのギターリストになりました。
オジーはランディと出会いアルコールやドラッグと手を切り、精力的に
音楽活動を続けていました。
ランディが亡くなったあと『彼は私の天使だった』と人目もはばからず
オジーは泣いたそうです。
今も名盤として名高い『トリビュート ~ランディー・ローズに捧ぐ』
というランディの追悼アルバムのジャケットにはランディを誇らしげに
高々とオジーが抱き上げている写真が使われています。
ランディは小児麻痺の後遺症で足が少し不自由で、派手なパフォー
マンスが出来ませんでした。
だからいつもオジーが彼を抱き上げて、観客を煽っていたんです。

そして『クレイジー・トレイン』という最もランディを象徴する曲の
ビデオクリップには、ランディの愛用した黒地に白の水玉模様のギター・
フライングVが何もいわずにただ駆け抜けてゆきます。
一時このビデオクリップには、ランディの霊が写っていると騒ぎになった
こともありました。

朱雀は、毎年3月19日には必ず『クレイジー・トレイン』を聞きます。
ところが、なにを思ったかランディの命日を21日と勘違いし、今年は
19日に聞く事が出来ませんでした。ランディごめん・・・

今ずっと『トリビュート』を聞いているのですが、22年も前にランディが
この世を去ったなんて、未だに信じられません。
あのはにかんだような笑顔で、今もどこかでギターを弾いているような
気がします。
ランディのことを忘れずに思っているファンは今も沢山います。
朱雀もその一人として、一日遅れてしまいましたが、ランディの冥福を
心から祈ります。
ランディ、あなたは何時までも朱雀のギターヒーローです。
そして、素敵なギターをありがとう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/19

少女漫画の話

朱雀が子供のころ母が大病を患い、母と一緒に朱雀はずっと病院に
通っていました。
病院の待ち時間は子供にとっては限りなく長く、退屈を持て余し動き
回るのを防ぐため、母はいつも漫画の本を1冊買ってくれました。
そんな訳で朱雀はひらがなもよく読めない頃から、ずっと漫画を読んで
いたような気がします。

最近ドラマ化された『エースを狙え』なども勿論、リアルタイムで読んで
いました。(笑)
あの漫画は何が凄いって、お蝶夫人も大概ですが藤堂先輩や尾崎さんの
ような高校生が現実にいたら恐ろしいです。(笑)
そして女の子はみんな『ベルサイユのばら』にうっとりし『風と木のうた』
にドキドキしたものです。(笑)
萩尾望都、竹宮恵子、大島弓子、木原敏江、山岸涼子など当時、女の子が
夢中になった漫画家たちは『花の24年組』と呼ばれ今も活躍されています。
そしてこの人達がそれまでのシンデレラ物語のような典型的な少女漫画を
大きく変えていきました。

朱雀にとって詩や小説と同じくらい心に響いた漫画も沢山あって、中でも
内田善美さんや三原順さんなどは、今でも時折その漫画を繰り返して読む
ほど大好きな作家さんです。
ところが今日知ったのですが、三原順さんは既に他界されていました。
病死ということなんですが三原順さんの『はみだしっこ』と言う作品は
10代の多感な頃にとても衝撃を受けた作品なので、ショックでした。
また内田善美さんも随分前に漫画の創作を止めておられて、もうお二方の
新しい作品を見ることはできません。
このお二方の作品はいつも朱雀の随分と先にあり、いつかこんな風に
感じられる人になりたいとか、こんな絵を描きたいとか、こんな話を
創りたいとか、色々と思うことが沢山あり、逃げ水のようにこちらが
進んだ分だけ更に先にあるという感じがとても心地良かったので、本当に
残念です。

実は朱雀も一時、漫画家を目指した事がありました。
画才と表現力のなさに自分で愛想を尽かして諦めたのですが、CGを始めた
ことをきっかけに知り合った絵描きさんの中には、ストーリー漫画を
描いておられる方もいます。
Web上で発表されている物を読ませて頂いているのですが、皆さん本当に
素晴らしくて、それらの作品に感動しつつ、朱雀はさっさと諦めて正解
だったと、今更ながら自分の決断のよさに感心しています。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/12

梅と鶯

昨日も20℃近くまで気温が上がり、早いところではそろそろ桜が咲き
はじめようかと言う頃になって、やっとウチの梅も7分咲きになりました。
そして遅いのは梅だけではなく、今朝になってようやく鶯がやって
きました。
一体どうなっているんでしょうねぇ・・・

それもこんなに遅くやってきたので、もうすかっりキレイな声で鳴く
のかと思っていたら、イマイチ不器用な鳴き声でケキョケキョと・・・
君達、今まで一体何をしていたんだ?(笑)
でもこれでやっと我が家もいつもの春を迎えることが出来ました♪

で、鶯と言えば鶯色として萌葱色を連想しますが、これはメジロの色で
実際の鶯はもっと茶色に近い緑色をしています。
実は朱雀も昨年までは萌葱色を鶯の色だと思い込んでいて、梅の木の
下で蹲っている鶯を見つけた時におおっ!新種の雀がいる!とボケた
ことを思ってしまいました。(笑)
すかさず家族から『それは鶯やがなぁ』と突っ込みが入り、鶯がこんなに
見栄えのしない鳥だとはじめて知りました。ホホホ・・・
今朝もこっそり窓を開けて、その姿を見ようと思ったのですが、案の定
逃げられてしまいました。脅かしちゃったみたいですね。
また、明日も来てくれるかなぁ?ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/05

面白い漢字の話。

昨日の続きみたいですが、面白い漢字を宛てた言葉の話など。
外国から入ってきた食品に宛てられている漢字に中々面白いモノが
沢山あります。
例えばトマトは『赤茄子(唐柿)』、ホウレンソウは『菠薐草』、
アスパラガスは『西洋独活』、チーズは『乾酪』、ピクルスは『酸醤』、
ベーコンは『薫豚』、ケチャップは『茄汁』、アイスキャンディーは
『飴氷菓』などなど。
何とな~く分るような、分らないような・・・ふふ。
それから小説でも日本語に翻訳された有名な作品名に物凄い物が
ありました。
ベニスの商人は『人肉質入裁判』、アラビアンナイトは後に『千夜一夜
物語』になりましたが最初は『暴夜物語』でした。どちらも恐ろしそうな
タイトルですね。(笑)また、シェークスピア傑作集は『沙翁傑作集』
ですって。シェークスピアが中国人みたい。(笑)
こう言うのって誰が考えて付けるんでしょうね?学者さんたちが集まって
会議とかするんでしょうか?そんな会議があるなら、ちょっと覗いて
見たいです。なんか楽しそう~♪

また、こんな面白い由来も発見しました。
草かんむりに『便』と言う字を書いてなんて読むかご存知ですか?
これで『あじさい』と読むんだそうです。
今では一般的に紫陽花と書きますが、9世紀頃には草かんむりに便と
書いていたそうです。
その由来がおもしろいんですよ。便は便所、便意、排便の便で、その昔
トイレットペーパーとして、紫陽花の葉を利用していたことからこの字
が宛てられていたそうです。
あと、こんなのもありました。イカは漢字で『烏賊』と書きますが、
これはイカは死んだふりをして水面に浮かび、それをカラスが食べようと
近付いてくると逆にカラスに巻き付いて、餌食にしてしまうという
中国の言い伝えからきているんですって。

普段当たり前のように使っている漢字ですが、その意味や由来を一つ
一つ調べて見ると、とても面白いですね。

言葉フェチの朱雀は、昨日から一人で辞書を片手にニヤニヤしています。
ちょっと怖い光景ですね。(笑)
また面白いのを見つけたら、紹介します。でもこんな話に、興味のある
人っているのかなあ~。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/04

鞦韆

近頃、詩にしてもイラストにしても、最初からテーマがあるものばかり
書いているような気がします。
実は今日も某詩人会の3月のテーマ詩を書いていたんですよね。
前はテーマがあるものは凄く苦手だったのですが、慣れてきたんでしょうか?
あまり気にならなくなってきました。
というか、勝手にじわじわと湧き上がってくるものがないような・・・
もしかしたらこれって、またスランプですかぁ~。(笑)

それはちょっと置いといて(いいのか?)、今日書いた詩のタイトルは
『鞦韆』というのですが、これはなんと『ブランコ』と読みます。
はい、公園にあるあのブランコのことです。
辞書には擬態語「ぶらり」「ぶらん」などからできた語。
一説ではポルトガルbalancoからきたともいわれているが、これより
古い形に「ぶらここ」があり、原音から離れすぎていて疑問。と書いて
ありました。
そして、驚いたことにブランコって春の季語でもあったんですね。
知らなかった・・・

詩のタイトルには、行ったり来たり、ただ何となくゆらゆら揺れている
という意味として使ったのですが、漢字で書くと妙にインパクトがあり
ますね。
『鞦韆』は『しゅうせん』とも読みますが、これは当然のことながら
中国から来ました。
元々はインドで紀元前2000年頃、冬至の日の農耕儀礼として女性が
ブランコにのる儀礼が行なわれていたそうです。それが中国に伝わり、
『鞦韆』と呼ばれて、唐代には冬至から数えて105日後の寒食の日に
やはり女性がのる儀礼が宮中で行われていたんだそうです。
ここから春の季語になったんですね。
そして、唐の玄宗皇帝は人間に羽が生えて仙人となり天に登る感じを
味わうことができるというので、ブランコに『半仙戯』の名を与えた
そうです。
また、遊具の意味のほかに『鞦韆』には『人と心を通わせて生活する
ために学ぶ』という意味もあるそうです。
奥が深いぞ!ブランコ。(笑)

でも、朱雀の書いた詩は今回もあまり深い意味はありません。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/01

久し振りに、お気に入りCMの話・・・

朱雀はテレビをあまりじっくりとは見ないのですが、結構くだらないCMが
好きだったりします。(笑)
随分前にもお気に入りのCMの話を書いたことがあるのですが、また今
もの凄くハマっているCMがあります。
『暴れん坊将軍』のパチンコの機械のCMなんですが、皆さんご存知ですか?
将軍様の白馬がパチンコ屋さんの前に自転車やミニバイクと一緒に
並んでいて『バ~パパン、パパパパン、パンパンパ~ンパパ~ン』と
暴れん坊将軍のテーマソングをご機嫌で口ずさんでいるCMなんですが、
それがもの凄くおかしいんですよねぇ~。(笑)
将軍様は多分、中でパチンコをやっているんでしょうね。
馬の横で迷惑そうにしている警備のおじさんがまた、いい味出して
いるんですよぉ。(爆)
このCMは朱雀的には、前の『月桂冠』のCM以来の大ヒットです。(笑)

で、暴れん坊将軍といえば、本物の暴れん坊将軍のオープニングで
松平健を乗せて颯爽と登場する白馬は、確か『スギ』という名前だった
かなぁ~。
朱雀はその馬に一度会ったことがあるんですよね。
元々は競走馬だったのですが、引退後、京都でTVやイベントの撮影用の
馬として活躍していて、随分と前ですが祇園祭の時にとても美しい馬が
いたので、写真を撮らせて貰おうと傍にいた係の人にお願いしたら、
そのおじさんが『この馬は暴れん坊将軍で将軍様を乗せてんねんでぇ~』
と、とても自慢そうに教えてくれました。(笑)
で、朱雀はスギと一緒に記念撮影までしちゃったんですよね。(笑)
そのスギはもうとっくに死んでいると思うんですが、あのCMを見て
もしかしたらTV撮影の時にド~ン!とアップで撮られて、思わずスギも
ご機嫌さんでテーマソングを口ずさんでいたかも・・・なんて思っちゃい
ました。フフフ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コラボ・カーニバル』を終了しました!

サイト開設一周年記念企画の『コラボ・カーニバル』を終了しました。
この企画は、皆様への感謝を込めてということになっているのですが
実際は、怠け者の朱雀が1年もサイトの運営を続けたことに対して
自分からのご褒美的要素の強い企画でした。(笑)

日頃から憧れている方々の作品を無理矢理お借りした上、その作品と
コラボしてしまうという何とも図々しい企画だったのですが、ご協力
頂いた皆さんは本当に優しくて、どなたも二つ返事で快諾して下さい
ました。
そして、本来この企画の開催期間中だけ作品を貸して下さいと、お願
いしたのですが、コラボ企画が思いのほか好評だったのと、折角の
素晴らしい作品とコラボさせて頂いたモノを、バラバラにではなく
どうしても一緒に残して置きたくて、作品をお借りした皆さんに再び
無理なお願いをしてみました。
盗人呼ばわりされるのを覚悟の上で、お願いに上がったのですが
皆さん本当に心優しい方達ばかりで、なんと今回もあっさりとお許し
下さいました!皆さん本当にありがとうございます!!!

で、コラボカーニバルの企画は終了しましたが、これまで展示して
いた作品はそのままの形でEVENTのページに置かせて頂ける事に
なりました。HAPPY♪

朱雀はこの企画を開催している間、自分のHPを見るのがとっても
楽しみでした。
憧れの方達の作品がそこにあって、その横に自分の詩やイラストを
寄り添わせて頂いているなんて、何度見ても夢のようで、見るたびに
一人でへらへら笑っていたんですよねぇ~。(爆)
それをこれからもずっとHPの中に置いておけるなんて、なんて幸せ
なんでしょう!!
快くお許し頂いた皆様には、何かお礼をしないといけないのですが
無理矢理また朱雀のヘボイ創作物をお贈りしても、かえってご迷惑に
なるので、特別何かお贈りするということはせず、それよりも皆様の
素晴らしい作品を置かせて頂くのに相応しいHPに、少しでも近づける
よう、今後とも頑張って精進してゆきたいと思います。

ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »