« メタル洗脳計画その2 | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideB »

2003/12/20

メタル洗脳計画その3-SideA

いつまで続くのかメタル化計画。
今日は一緒にお墓に入れて欲しいアルバムベスト15。10に絞れません
でした。(笑)

AC/DC―FOR THOSE ABOUT TO ROCKWE SALUTE YOU
ボン・スコットとブライアン・ジョンソンで迷ったのですが、ビルボード誌
で初めて初登場1位を獲得した記念すべき1枚でブライアンを選びました。
アンガスは世界中のメタル小僧の教祖です。(笑)

CINDERELLA―LONG COLD WINTER
ボンジョビの弟分としてデビューしたシンデレラですが、2作目でいきなり
ブルース全開です。“Don't Know WhatYou Got(Til it's Gone)”は
メタル史上に残るバラードの名曲。
日系ギタリストのジェフが来日して初めて祖母にあった時の『富士山大きい。
おばあちゃん小さい』という名言も懐かしい!

DEF LEPPARD―HYSTERIA
ドラムスのリックが片腕を失うという不幸を乗り越えて、4年の歳月をかけて
作られたアルバムは捨て曲が1曲もないパーフェクトな出来でした。
まさにモンスターアルバムと呼ぶにふさわしい名作です。Love Bitesと
Rocketが特に好き!

GARY MOORE―WILD FRONTIER
アイリッシュ・ロックの最高傑作といっても過言ではないはず。
フィル・リノットが死んだ翌年に発表されたこのアルバムは、より一層
アイリッシュ魂が込められているような気がします。このアルバムは
一日中聞いても飽きません。

GUNS N' ROSES―APPETITE FOR DESTRUCTION
言わずと知れたメタル史上最強バンド、ガンズのファーストアルバムは
前代未聞の1500万枚というセールスを記録し一気にメタルの頂点へ駆け上
がって行きました。朱雀はガンズをリアルタイムで見る事が出来て本当に
よかったとつくづく思います。Sweet Child O'Mineは朱雀が今までに聞いた
全ての音楽の中で一番です。

HANOI ROCKS―TWO STEP FROM THE MOVE
このアルバムを発表後、ドラムスのラズルが事故死。ハノイのラスト
アルバムです。Million Miles Awayを聞くと今でも胸が締め付けられます。
紆余曲折の末、再結成していますが、今のハノイを朱雀は素直に見る事が
出来ません。

HELLIWEEN―KEEPER OF THE SEVEN KEYS part.2
パート1とどちらにしようか迷ったのですが、より弾けている2を選びました。
この後、大きく変化していったハロウィンですが、朱雀の中ではこれが
ハロウィンの最高傑作でラストアルバムです。

|

« メタル洗脳計画その2 | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideB »

HM/HR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9812478

この記事へのトラックバック一覧です: メタル洗脳計画その3-SideA:

« メタル洗脳計画その2 | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideB »