« メタル洗脳計画その1(笑) | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideA »

2003/12/19

メタル洗脳計画その2

昨日に続いて、お気に入りメタルの紹介。
今日は、日本人のツボにはまるアーティストを・・・

まずジャーマンメタルの雄、HELLOWEEN。
と言っても朱雀が紹介するのは、初期のハロウィンです。
とにかくパワフルなんですが、独特のメロディラインが妙に心地良くて
昔のメタルディスコでも、一番盛り上がるのがハロウィンの曲でした。
(メタルディスコは、メタルの曲にあわせてヘッドバンギングをしたり
飛んだり跳ねたり、ギタリストを真似たりという恐ろしいイベントです。)
ちょっとコミカルなライブパフォーマンスも人気で、ボーカルのマイケル・
キスクは、ミッヒという愛称なのですが、関西ではキスケ!という声が
掛かるんですよね。
朱雀のお気に入りはドラムスのインゴ。彼のドラムはまた凄いんです。
それに顔が朱雀好み☆で、信じられないぐらい足が綺麗なんですよ。
ライブの時は短パンなので、脚線美もバッチリです。ヲイ!
ハロウィンは今も活動していますが、核とも言えるギターのカイが抜けて
ミッヒも抜けて、インゴが死んでしまった今、朱雀の中では全く違うバンド
と言う感じです。

お薦めCDは『Keeper Of The Seven Keys』Part1とPart2の2枚。

MIDI『I want out』これは凄い!

http://www.geocities.jp/f51rhapsody/AREA51-data2/AREA51-hr-midi_box/AREA51-helloween-iwantout.ram

そしてもう一人、アイルランドの孤高のギタリストGARY MOORE。
THIN LIZZYのギタリストとして名作『Black Rose』を残し、その後は
ソロとしてギター小僧の永遠のヒーローであるゲイリーは、本当に一度
聞いて!と言いたいです。
ケルト民謡を彷彿させる、哀愁漂うメロディは日本人なら懐かしさすら
覚えてしまう程で、それにピッタリ合った、彼の声がまた良いんです~。
元々ブルース色の強い人でしたが、自己回帰に走って作った『Still
got the blues』というCDはメタルと言うよりブルースとしても秀逸です。
お薦めCDは『Wild Frontier』。
また、彼には常に北アイルランド問題や戦争という影が付きまとうの
ですが『After The War』も秀作です。
実は昔のアイドル・本田美奈子のthe Cross(愛の十字架)は彼の作品
だったりします。

MIDI『The Loner』

http://www.krampe-family.de/Moore/theloner.mid

|

« メタル洗脳計画その1(笑) | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideA »

HM/HR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9812475

この記事へのトラックバック一覧です: メタル洗脳計画その2:

« メタル洗脳計画その1(笑) | トップページ | メタル洗脳計画その3-SideA »