« 『花物語・桔梗』 | トップページ | 月と地球は・・・ »

2003/09/14

十字架称賛の日

今日は十字架称賛の日です。これは320年頃、ゴルゴダの丘でキリストが
磔にされた十字架を聖ヘレナが発見したのを記念したものです。

十字架の起源は旧石器時代に遡り、太陽や地水火風という4元素などを
表わしているのだそうです。
そして、古代ローマやユダヤでは十字架は人々が忌み嫌うものでした。
十字架は死刑の道具で、ユダヤの処刑で最も呪われた残酷な死刑が十字架
でした。
そして、十字架の形も、縦棒だけの物、T字型、X字型の物などがあります。
現在の十字架はラテン型と呼ばれ、ローマ帝国時代に用いられたもので
イエスは、この十字架に磔されたとされています。
イエスが磔にされた後、十字架はキリスト教のシンボルとなり、教徒が
尊敬・名誉・贖罪・犠牲・苦難の表象や装飾として用いるようになり
ました。
4世紀にローマがキリスト教を公認宗教に定め、十字架刑が廃止となった
ことから、勝利のシンボルとして掲げられ、その後、国旗や王冠、騎士団の
紋章などにも用いられるようになりました。

またカトリック教会ではイエスの磔像がついた十字架を用い、プロテス
タント教会では像のつかない十字架を掲げます。

今は教徒でなくてもアクセサリーとして十字架を身に付けたりしますが、
キリスト教と言うのは、実にコマーシャリズムが徹底しているなぁと
朱雀は思ってしまうのです。

たとえばスポーツの大会などで、よく十字架にキスしたり十字をきったり
している人がいますよね。
あれって、見ていて動きがキレイじゃないですか。
競技の前に仏教徒が、数珠を回しながら般若心経を唱えているのなんて
見た事ないですし、もしやっていたら不気味です。(笑)

言葉の違う国や、まだ文明の進んでいない国を侵略し支配下に置く時、
宗教を改宗させるのは常套手段ですが、その宗教に付随する小道具や
祈り方が簡単で美しいって、かなりポイント高いと思うんです。
今もファッションとして取り入れたくなる位ですから、そう言う所から
信仰にも入って行きやすいですよね。
そう言えば、中学や高校で毎年、希望者に聖書が教会から配られたり
していましたし、そう言う戦略も実にスマートです。
バス停にビニールの袋に入って吊るされている新興宗教の勧誘パンフ
レットとは随分違いますね。(笑)
関係ないですが、朱雀は十字架を身につけた吸血鬼と言うのが色っぽくて
好きです。

|

« 『花物語・桔梗』 | トップページ | 月と地球は・・・ »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811798

この記事へのトラックバック一覧です: 十字架称賛の日:

« 『花物語・桔梗』 | トップページ | 月と地球は・・・ »