« 二百二十日と秋の気配 | トップページ | 『10000HIT感謝プレゼント企画』のお知らせ。 »

2003/09/02

Pixia倶楽部の『時祭り』

いつもお世話になっているPixia倶楽部で開催されていた『時祭り』も
最後の最後まで盛り上がって一昨日終了しました。
朱雀も、図々しさだけは人一倍なので、3つもイラストを投稿させて
頂きました。そのうち2つは思いっきりのこじ付けで・・・スミマセン!

で、毎回そうなのですが、それはもう素晴らしい作品が沢山あって
あちらこちらに創作心をくすぐるイラストが・・・
そんな訳で、素晴らしいイラストを眺めて、勝手に詠んだ歌や詩が
幾つかありましたので、こちらにちょっとまとめておきます。

 夏空に 桃花舞い散る 朱鷺の群れ


 思い出を フワリと攫う 夏の風


 竹の節(よ)に こそと陰ろう 密事(ひそかごと)
            
       月花に照り合う 幽姿に浮ぶ



 『振り下ろされた鎌の先には 露の世さえも掛け留まらず

  紡ぐ琴心 横豎(おうじゅ)に滑り 握る把持(はじ)も薄れゆく

  ただ残された一弦に 仕舞を斎(いわ)い 爪弾かん』


どのイラストを見て朱雀がその歌や詩を詠んだのか、興味の
ある方はPixia倶楽部の祭り絵を覗いて見てください。
Presentのページに暑中見舞い画を飾らせて頂いている絵師様
たちの作品も勢揃いしていますので、是非どうぞ。

アドレス:http://dreamcg.com/pixia/index.html

今回のお祭りは作品数がすごく多かったんですよ。なんと67作品も!
テーマが『時』という事で、それぞれ時に関する絵を描くのですが
一番多かったのがやはりというか「不思議の国のアリス」でした。
あとは、魔導師とか時空を越えたもう一人の自分とか、タイムマシーン
とか・・・
絵の中には一番時計が多く描かれていたのですが、皆さん金属質
の時計を見事に描かれていて、メカ系が描けない朱雀は溜息ばかり
でした。(笑)
でね、個性的な皆さんの作品を眺めていると、朱雀が如何にPixiaの
機能を使いこなせていないかを、思い知らされて、結構へこみました。(笑)
でも、図々しさだけは人一倍なので、この次の祭りにもまた参加しよ
うと思っています。
今日の日記は、祭の余韻がまだ冷めやらぬ朱雀の、『時祭り』レポート
でした。(笑)

|

« 二百二十日と秋の気配 | トップページ | 『10000HIT感謝プレゼント企画』のお知らせ。 »

お絵描きのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811759

この記事へのトラックバック一覧です: Pixia倶楽部の『時祭り』:

« 二百二十日と秋の気配 | トップページ | 『10000HIT感謝プレゼント企画』のお知らせ。 »