« オシロイバナと虹のナナちゃん | トップページ | ウルトラの星 »

2003/08/16

閻魔の話

毎月16日を閻魔の縁日といい、正月とお盆月の16日は、地獄の死者の
宥恕される日とされ、これを藪入りと言います。

この閻魔(えんま)は、「嘘をつくと閻魔さまに舌を抜かれる」の閻魔で、
焔摩、閻魔王、閻魔大王、閻魔法王、閻魔羅闍とも言われます。

閻魔信仰は、インド神話の「yama(ヤマ)」が、仏教と共に、各地の民間
信仰と混じりあいながら伝わったものと考えられており、特に中国では、
冥界信仰や、道教、密教等と結びつき、伝承されたため、伝承中に混乱が
おこり、現在、「エンマ」には十二天の「焔摩天」と十王の「閻魔王」の
2種類の「エンマ」が存在しています。

十二天の「焔摩天」は人類の最初の死者として天上の楽土に住み、祖霊を
支配し、のちに下界を支配する死の神、地獄の王になったといわれて
います。

十王の「閻魔王」の「十王」とは、冥界にあって亡者の生前の罪業を
裁判する十人の王のことで、地蔵菩薩の化身ともいわれています。
閻羅王は十王の中で、王達の中心に据えるため、第五番目の王とされて
います。

また、閻魔はインドのヴェーダ神話では光明神の一人とされていました。

それから、梵語Yama(ヤマ)の音訳である「閻魔」には、「手綱」「抑制」
「禁止」などの意味があります。また、死者の霊を捕縛する「縛」や、
平等に罪福を判定する意の「平等」とも訳します。
そして、古代インド神話では、兄妹の双生児であるところから「双」の
意もあります。

梵語Yama-rDja(ヤマ・ラジャ)の音訳「閻魔羅社」「閻魔邏闍」など
は「閻魔」の敬称です。(ラジャは王を意味します)


そういえば、エンマコオロギって言うのがいますが、頭が球状で、正面
から見ると白色の眉の形をした模様があり、この模様を閻魔様の眉に
なぞらえたのが名前の由来だそうです。

昔のアニメ、「ドロロンえん魔くん」にも特徴的な眉毛がありましたね。
朱雀はえん魔くんのガールフレンドの雪女家のプリンセス「雪ちゃん」
こと雪子姫に似ていると言われたことがあります。(笑)
顔と言うより、タカビーで生意気なところが似ているそうです。ホホホ・・・
あっ、今、頭の中で『どろろん おどろん でろでろばあ~』という
あの主題歌が、グルグルまわっています。(笑)

とにかく今日は地獄の釜の蓋が開いているそうなので、皆さん、落っこち
ないように注意しましょう。

|

« オシロイバナと虹のナナちゃん | トップページ | ウルトラの星 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811698

この記事へのトラックバック一覧です: 閻魔の話:

« オシロイバナと虹のナナちゃん | トップページ | ウルトラの星 »