« お気に入りサイト | トップページ | お気に入り絵本の紹介 »

2003/08/21

ビアズリーの生まれた日

今日は、夭折の世紀末デカダン派の挿絵画家、オーブリー・ビアズリー
の生まれた日です。
僅か25歳でこの世を去ったビアズリーの、あまりに完成された作品を
見ていると、時間と言う概念がとても曖昧に思えてしまいます。

もともと幼少の頃から肺を患っていたビアズリーは、自分の一生がそう
長くない事を知っていたようですが、それにしても、彼独自の、あの
エロティックで美しい作品の数々をビアズリーは何を思いながら、死の
間際まで描き続けたのでしょう。
ビアズリーの画集を見ていると、朱雀は、その膨大な数に圧倒されて
しまいます。

そして、日本でもこれまでに何度か展覧会をやっているので、その都度
見に行ったのですが、行くたびに、とてもそんな若い人が描いたとは
思えない程完成された世界に、ただただ圧倒されました。

天才というのはそういうものだ、と言われてしまえば、それまでなの
ですが、ビアズリーの生きた25年はどれほど奥が深く、またどんな
些細な事でも、何一つ余すことなく、感じ取り絵にすることの出来た
彼の生涯は、長く生きて絵を描き続けた他の天才画家たちにも
決して引けを取らないと、信じて疑わない朱雀です。

ビアズリーとは対照的に、70年間絵を描き続けた画狂人・葛飾 北斎は
その時代としては驚異的な89歳という年齢で、最期を迎えた時に
「あと10年あれば・・・」と言ったそうです。
描いても描いても己の目指す領域に足を踏み入れる事が出来ずに、
無念を残して鬼籍に入った北斎と、そう遠くない終わりを予感しながら
ただ、狂ったように描き続けたビアズリーのどちらが幸せだったのか・・・
ふと、そんなことを思ってしまいました。

|

« お気に入りサイト | トップページ | お気に入り絵本の紹介 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811718

この記事へのトラックバック一覧です: ビアズリーの生まれた日:

« お気に入りサイト | トップページ | お気に入り絵本の紹介 »