« 取り留めもない話 | トップページ | 『百日紅』の話 »

2003/07/12

イラストと『Pixia』の事

『Pixia』使いの絵師様が、暑中見舞いカードを配布されているのを見て、朱雀もサイトにお越し下さった皆さんにカードを作りました。

それで、本当に久しぶりにイラストを描きました。
途中スノーピーさんのお祝い画を描きましたが、あれは「ぬり絵」なので、実際には前の「マリア」から40日ぐらい経っているんですね。
で、描きあがったのが『夏』なんですが、妙に漫画チックになってしまいました。
いっそのことアニメ塗りにすればよかったかもしれませんが、いかんせん朱雀にその技術はありません。
あれって結構難しそうですよね。塗る時の決まり事なんかあるのかな?

ところで、朱雀はイラストを描く時にはいつもフリーソフトPixiaを使っているのですが、そのPixiaとの出会いは本当に偶然でした。
朱雀はどんなお絵かき用のソフトがあるのか全く知らずに、ただWindowsの付属ツール、ペイントで描いていたのですが、そのペイントでももうちょっとうまく描けないかなぁと、ペイントでイラストを描かれている方のHPを検索しサイトを覗いて見たのですが、そこでフリーソフトでももっと高度な事が出来るPixiaと言うのがあると紹介されていたんです。

早速、Pixiaのオフィシャルサイトへ行き、ダウンロードしたのですが、これが本当に凄かった!
使い始めてから、どうしてこれがフリーソフトなんだ?
こんなに凄いものがタダだなんておかしい、後で何か良くない事が起こるのでは(例えばウィルスが仕込んである)なんて、いつものように貧乏性の朱雀は考えてしまった程です。丸岡さんすみません!

ただ、フリーソフトなので使い方については自分で調べるなどの手間が少し掛かるのですが、朱雀もお世話になっている「Pixia倶楽部」をはじめPixia使いの皆さんの使い方講座なんかもあり、また同じPixia使いの人たちの横の繋がりと言うのがとても暖かくて、Pixiaを知ることができて本当に良かったと思っています。

Pixia倶楽部で知り合った皆さんも、Pixiaを知らなければ出会うことが無かったかもしれませんし・・・感謝です。

もしまだPixiaをご存じない方で、イラストを描いて見たいなぁと思っている方がいらしたら是非、Pixiaのオフィシャルサイトに行って見て下さい。

http://www.tacmi.co.jp/pixia/

|

« 取り留めもない話 | トップページ | 『百日紅』の話 »

お絵描きのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811621

この記事へのトラックバック一覧です: イラストと『Pixia』の事:

« 取り留めもない話 | トップページ | 『百日紅』の話 »