« 「風蘭」の話 | トップページ | 短歌と病気?のお話?! »

2003/06/30

みなさんにお礼を・・・

朱雀は、詩をよく投稿するのですが、詩を愛する方達の集う
場所に詩を置かせて頂くと、そこに思いがけない出会いが
あったり、書いた本人さえ気付かない細かな所まで読んで
頂いてハッとするような感想を貰ったりと、とても刺激が
あって励みになります。

先日も「雨下」を詩の投稿サイトPoetic freeに投稿しました。
そこで架賜さんという方に感想と素敵な詩を返詩として
頂きましたので、架賜さんの詩を朱雀のサイトに来て
下さっている皆さんにも、紹介します。


 滴る 天露 流れゆく

 何処かも 分からぬ

 場所を 経て

 還る 所は

 生まれた場所


この詩からは穏やかで緩やかで、だけと生きている、そんな
力強さを感じます。
そして、流れる時の中で生まれた様々な想い達はどこに
還るのだろうと、ふとそんな事を思ってしまいました。
人はこうして何かを残そうとしますが、鳥は 草は 水は
どうするのでしょう。

また、この小さな「疑問」から今まで気にも留めなかった事に
目が行くようになったり、そこから何かを発見したりと、心が
ポツポツと満たされて、やがてそれが言葉となって詩が生ま
れたりするんですよね。
こういう不思議な繋がりって本当にいつもワクワクします。

架賜さんありがとうございました。架賜さんのアドレスは
こちらです。http://finito-web.com/jokegirl/index.html

また、俊さんのサイト「ちよつづり」に通わせて頂いている
うちに、今まであまり関心の無かった短歌にも興味を持つ
ようになりました。

たった31文字の中でどれだけの想いが表現できるか、
それはとても難しい事ですが、想いにぴったりの言葉を見
つけ出し、ジグソーパズルのようにきちんと繋がった時の
達成感は、また詩をつくる楽しさとは違う嬉しさがあります。

自己流ですが朱雀も、少しずつ短歌も創るようになりました。
サイトを立ち上げるまでは、詩を書く事すら止めていた朱雀
です。ですから、今の自分の姿には本当にただ驚くばかり
ですが、心の中はとても潤っています。

そしてサイトをきっかけに出会えた全ての人達に心から
感謝しています。
いつも本当にありがとうございます。

そこで感謝のうたを一つ

葉を落とし 霧の迷いに 伏す我の 
 虚(うろ)に差し込む 数多(あまた)の光

|

« 「風蘭」の話 | トップページ | 短歌と病気?のお話?! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63525/9811592

この記事へのトラックバック一覧です: みなさんにお礼を・・・:

« 「風蘭」の話 | トップページ | 短歌と病気?のお話?! »